木田金次郎美術館   お問い合わせ サイトマップ
ー北海道、岩内の自然とともに生きた画家 木田金次郎の世界ー
2004年度
 きだきんじろうかるた作って、遊ぼう! 2005年1月7日
@ 1人 3枚、‘取り札'選び
大きさ約 B5版になった木田作品の‘取り札'49枚。
みんな、好きな作品1人3枚選んでぇ〜!
←※床に並んだ木田作品の、‘取り札' を選ぶ様子
A さがして、みつけて‘読み札'作り 〜ステップ1
選んだ‘取り札'の‘読み札'を作ろう!ここで、‘読み札'に必ず作品の タイトルを入れて作るルールにしました。
・・・あれ?でもタイトルわからないよ! それじゃあ、あなたの選んだ作品を さがして、みつけてみよう! 全部展示中だよ。
みんなで‘取り札'片手に展示室を探検です。‘読み札'作りのキーワード探し。作品の印象や感じたこと、大切にね。
←※冬の企画展「絵との出会い」の作品が並ぶ展示室にて
Bさがして、みつけて‘読み札'作り 〜ステップ2
さぁ、いよいよ‘読み札'作りだぁ!
・・・みんな結構悩んでいる様子。
岩内高校のボランティアさんがサポートしてくれました 。
←※‘読み札'作りの様子
C 世界にひとつだけの「きだきんじろうかるた」の完成!
〜こんな‘読み札'ができました〜 『 』 内が作品名です。
だつきの  あかいりんごが  おちている 『卓上苹果』
く もりぞら  はれてほしいから  まっている 『港の未明』
み どりの  『ポプラ』 は  きれいな木だな。
かい山、 『春のモイワ』 と青い空 
←かるたで遊ぶ様子
最後は出来たてほやほやのかるたでみんなで遊びました。
中でも、「あ」「う」の文字が何枚もあって、かるたは大苦戦&大熱戦!!
…と、年明け2日目の木田金次郎美術館の賑やかな一日のレポートでした。
参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!
そして、このレポートをご覧の皆さん!もし自分だったら、それぞれの作品に どんな‘読み札'を作るでしょう?
展示室で考えてみませんか?
■参加者 小学生16名
■ボランティア 岩内高校生徒11名+ポプラの会2名

 


Copyright (c) 2006 kida kinjiro museum of art. All Rights Reserved.