木田金次郎美術館   お問い合わせ サイトマップ
ー北海道、岩内の自然とともに生きた画家 木田金次郎の世界ー
展覧会・イベント
これまでの展覧会
◆2011年度
展覧会 <展示室1〜3>(木田金次郎作品展示)
展覧会 <展示室4>(企画展示・貸館)
◆2010年度 ◆2009年度 ◆2008年度 ◆2007年度 ◆2006年度 ◆2005年度

展覧会<展示室1〜3>(木田金次郎作品展示)
春の企画展
木田金次郎の真骨頂 展
2011年4月6日(水)〜6月26日(日) 展示室1〜3


 木田金次郎(1893〜1962)は生涯にわたり、故郷であるこの岩内を制作の拠点にして描き続けた画家です。
したがって、描かれた作品は、岩内周辺で描かれたものがほとんどを占めており、岩内周辺を歩き、眺めていた画家ならではの作品群は、多くの人たちを惹きつけています。
  木田金次郎美術館は、まさに木田が描いた場所に建つ美術館です。作品の制作現場が、美術館に至近の場所から広がっており、木田が描いた風土を、時を超えて追体験することができるのは、この美術館を楽しむ醍醐味でもあります。
  今回の展覧会では、いくつかのキーワードを通じて、風景を中心とした木田の作品をご覧いただき、木田の真骨頂ともいえる作品群を、「現場の中にある美術館」として存分に感じていただくことを主眼といたします。「現場主義」を貫き続けた木田金次郎−その足跡を十分にお楽しみください。
  なお、この展覧会と並行して、4月23日からは春の企画展2「もうひとつの木田金次郎」を、また、6月4日からは春の企画展3「木田金次郎 素描の世界」を開催いたします。この機会に多彩な木田金次郎の姿をご覧いただければ幸いです。

2011特別展示
北海道銀行創立60周年記念
北海道銀行コレクション 展

2011年6月30日(木)〜10月16日(日) 展示室1〜3

 
  木田金次郎美術館と北海道銀行は、これまで2度にわたって共催で展覧会を行って参りました。2006年の北海道銀行創立55周年記念「島本融の眼」展、2009年の木田金次郎美術館開館15周年記念「島本融の眼:北海道銀行コレクション」展です。このような機会を持つことができたのは、北海道銀行初代頭取の島本融が、岩内で描き続けた木田金次郎の画業を全面的に支援したことにはじまり、その縁が現在もなお続いているからです。
  3度目の共催事業となる今回の展覧会では、北海道銀行創立60周年記念として、北海道銀行コレクションの全貌を紹介します。これまで島本融と木田との関わりを中心に紹介してきましたが、今回は島本の時代を超えて、北海道銀行が所蔵する作品群から、油彩のみならず、日本画や彫刻作品などを含めた、日本を代表する作家の作品を紹介いたします。
  北海道銀行は創立期に、木田をはじめとする、北海道に深く根ざした制作を行う芸術家への支援を行うなど、銀行の業務と並行して北海道の文化を育むことに情熱を注ぎましたが、以降も今日までの60年間を通じて、北海道文化の醸成に大きな役割を果たしています。北海道銀行のこのような歩みを振り返っていただくとともに、木田金次郎との関わりについてもあらためて触れながら、企業の文化支援に果たす役割について考える機会にもなれば幸いです。
  北海道の文化とともに歩んだ北海道銀行。その歩みを、深い関わりを持つ岩内でご覧いただきます。

展覧会 <展示室4>(企画展示・貸館)   ◆…(企画展示) ◇…(貸館)
◆春の企画展2
もうひとつの木田金次郎 展
2011年4月23日(水)〜5月22日(日) 展示室

春の企画展2「もうひとつの木田金次郎」を開催いたします。
この展覧会では、岩内周辺の風景を描き続けた木田金次郎の、もうひとつの重要な側面である、花と果実を中心とした静物画を展示いたします。
木田は、画家人生の中で、一貫して花や果実に取り組んでいます。特に冬の期間は、「画境は冬に進む」と言い、屋内で描くことのできる、花や果実の制作に取り組んでいました。特にりんごに関しては、腐るまで描き続けた、という逸話が残っているほどです。
木田金次郎の描く花や果実の種類は多岐にわたり、興味の深さをうかがい知ることができます。冬の間に描く鮮やかな花や、みずみずしい果実は、木田金次郎や妻・文子にとって、厳しい寒さを忘れさせてくれる、癒しとなっていたのかもしれません。
暖かな季節を迎え、木田金次郎の描く花と果実を鑑賞し、春の訪れを感じていただければ幸いです。

◇第113回 岩内美術協会春季展 2011年5月27日(金)〜5月29日(日)

◆春の企画展3
木田金次郎 素描の世界 展

2011年6月4日(土)〜7月18日(日・祝) 展示室4

◆しりべしミュージアムロード共同展
旅へ出よう〜そうだ!海をみよう
2011年7月22日(金)〜8月21日(日) 展示室4

荒井記念美術館・西村計雄記念美術館・小川原脩記念美術館と共同で行う展覧会。
今年のテーマは「旅」。後志の美術館をめぐってみませんか?


◇「第9回リブレ・イキ 壱岐伸子絵画講座作品展」 8月25日(木)〜8月28日(日)
◇「岩高43年同期展」 8月31日(水)〜9月4日(日)
◇「岩宇美術家集団展」 9月8日(木)〜9月10日(土)
「坂口清一絵画展」 9月13日(火)〜9月19日(月・祝)
◆「加藤芳信展」 9月23日(金・祝)〜10月10日(月・祝)
点による表現を追求し続け、国際的評価も高い岩内出身画家の回顧展。
◇「第114回岩内美術協会秋季展」 10月14日(金)〜10月16日(日)


Copyright (c) 2006 kida kinjiro museum of art. All Rights Reserved.