木田金次郎美術館   お問い合わせ サイトマップ
ー北海道、岩内の自然とともに生きた画家 木田金次郎の世界ー
展覧会・イベント
これまでの展覧会
◆2006年度
展覧会 <展示室1〜3>(木田金次郎作品展示)
展覧会 <展示室4>(企画展示・貸館)
◆2005年度
展覧会 <展示室1〜3> (木田金次郎作品展示)


春の常設展
「絵から感じる音・匂い・光」
2006年4月5日(水)〜6月28日(水)
 木田金次郎(1893-1962)は、生涯のほとんどを故郷・岩内で過ごしました。
木田が生涯岩内で描き続けたのは、有島武郎との出会いと示唆があったからといわれています。
「東京に出たい」という木田の想いに対して、有島は木田に個性的な一面を見て「その地に居られて
その地の自然と人とを存分にお眺めなさるがいいに決まっています」という書簡を木田に送ったことで岩内にとどまる決心をしたといわれています。
木田が生涯にわたって描き続けてきたものは何だったのでしょうか。長い画業の中で、岩内大火などの画風の転換点となる大きな出来事に見舞われながら、一貫して木田が取り組んだのは、「自然の実相を描く」ことへの挑戦でした。波の音、風の匂い、降り注ぐ光。私たちは作品の前に立った時、画面から感じることができるでしょう。このことこそ、目に見えるものだけではなく、その場の自然の事物すべてを描こうとした木田の意欲のあらわれといって過言ではありません。
この展覧会では収蔵作品を通じて、木田が描くことで表現しようとした自然の実相を、私たちが五感を使って感じ取ることを主題といたします。それぞれの作品の前で、木田が絵に織り込んだ自然の姿を存分に感じていただければ幸いです。

特別展示  木田金次郎の交流圏
「島本融の眼」展  - 北海道的なもの - 
2006年7月 1日(土)〜2006年 11月5日(日)
  木田金次郎(1893-1962)は、北海道を代表する画家のひとりとして、生まれ育った岩内で描き続けた画家です。若き日の木田の姿は、有島武郎(1878-1923)の小説『生れ出づる悩み』で描かれ、広く知られていますが、有島の死後、画業に専念した木田は、岩内の人たち、交流を重ねた様々な人たちに支えられて描き続けました。「木田金次郎の交流圏」をテーマとする今回の展覧会では、木田金次郎の画業を高く評価し、支援を惜しまなかった人物のひとりとして、北海道銀行初代頭取の島本融(しまもと・とおる:1904-1976)とのかかわりを紹介します。
島本は銀行経営者であると同時に、北海道の文化に目を向け、支援を惜しまなかった人物としても知られています。とりわけ木田を全面的に支援し、「北海道を代表する画家のひとり」という、木田の今日的評価の基礎を築いた存在として、島本は非常に重要な役割を果たしました。島本は、「風土に根を下す」木田に「北海道的なもの」を見出し、その独自の画業を非常に高く評価しました。北海道銀行のカレンダーに木田の作品を用い、人々が広く木田の作品に親しむきっかけをつくったのも、島本の木田に対する支援の一端といえましょう。地域文化に対する島本の理念と、同様に島本によって紹介された作家の作品を通して、地域に根差して制作することの意味を探っていきたいと思います。 「島本融の眼」を通じてあらわれる「北海道的なもの」。
ひとりの支援者の目を通じて、新たな木田の魅力が発見される機会となれば幸いです。

 
秋から冬を迎える常設展
「私が選ぶ木田金次郎」展 
2006年11月 8日(水)〜2007年 4月1日(日)
  故郷である岩内で生涯描き続けた木田金次郎(1893-1962)、その作品は、多くの人たちに親しまれてきました。12年前に木田金次郎美術館が開館してからは、制作の地である岩内で多くの作品をご覧いただき、北海道を代表する画家・木田金次郎の存在は、ますますかがやきを増しています。
木田金次郎美術館では、今年の春から秋にかけて、来館者の皆さんを対象に
「私の好きな木田金次郎」というアンケートを行いました。アンケートでは、皆さんのお気に入りの「この一点」を選んでいただき、500人余の方から回答をいただきました。
その結果をもとに、収蔵作品の中から、今回の展覧会の出品作品を決めさせていただきました。
当館開館以来はじめての「みんなで創る展覧会」としてお贈りいたします。あわせて、来館者の皆さんが作品に寄せられたコメントも
掲示しています。作品に惹かれた多くの方の言葉から、新たな木田作品の魅力を探る機会となれば幸いです。

展覧会 <展示室4>

(貸館)
第103回 「岩内美術協会 春季展」 6月1日(木)〜6月4日(日)
岩内地方を中心に制作を続ける 約20名の会員の作品を 展示。

(企画展示)
ゴールデンウィーク特別企画 「木田金次郎 デッサンの魅力」  4月26日(水)〜5月28日(水)
ゴールデンウィークにあわせ、収蔵する素描の中から精選して展示。 常設展とあわせてご覧いただくと、作品への興味が広がります。

(企画展示)
しりべしミュージアムロード共同展
「しりべしの5つの星」 2006年7月 12日(水)〜 8月20日(日)
しりべしの地で育まれた有島武郎と木田金次郎の「縁」。 時を経て、この縁は大きなものをこの地にもたらしました。
同郷の同志・西村計雄と小川原脩の存在。 そして岩内に、最初の縁をかたちにした荒井記念美術館。
縁で結ばれたミュージアムの姿を、彼らの作品を通して紹介します。

(企画展示)

めざせ!木田金次郎 「第12回 ふるさとこども美術展」 2007年2月3日(土)〜2月18日(日)
 木田を生んだ風土の中でのびのびと育つこどもたちの力強い作品です。 
今年度は全応募作品を展示しております。

     受賞内容はこちら→


(企画展示)
「第7回 仲間たち展」 2007年3月6日(火)〜3月11日(日)  
各方面で活躍する、岩内高校美術部OB・OGたちの作品を展示します。
「仲間たち展」は、岩内高校美術部OBの有志による展覧会です。
今年は15名の出品者による、26作品を展示。
昭和42年卒業のOBから平成17年卒業OBと年齢も幅広く、
それぞれの個性が、光る展示となっております。

(企画展示)

「品田 ちよみ展」 2007年3月14日(水)〜3月18日(日)
「有島武郎青少年絵画展」大賞受賞など、実績を重ねる岩内高校3年の品田さん。
旅立ちを飾る展覧会です。 入場無料 

『光(ひかり)』 S50 2年次制作  

 

Copyright (c) 2006 kida kinjiro museum of art. All Rights Reserved.