木田金次郎美術館   お問い合わせ サイトマップ
ー北海道、岩内の自然とともに生きた画家 木田金次郎の世界ー
展覧会・イベント
現在開催中(開催予定)の展覧会・イベント
各種事業
ワークショップ
■【木田金次郎作品展示】 展示室1〜3

秋から春を迎える企画展           
 
 
カラリスト木田金次郎

 2020年11月6日(金)〜
    2021年6月27日(日)

 

 展示室1〜3

秋から春を迎える企画展 「カラリスト木田金次郎」 を開催いたします。
 木田金次郎(1893-1962)は生涯を通じて、岩内周辺を中心とした風景画とともに、屋外で描くことが難しい冬を中心に、花や果物などの静物画を数多く手がけました。その魅力は、ときに鮮やかな表現を見せる色彩にあるといっていいでしょう。1954(昭和29)年9月、61歳の時に迎えた「岩内大火」をきっかけに、画風が大きく変貌したといわれる木田ですが、その独自性は、描く対象を、形よりも色を重視して表現してきたことによると考えらえます。
 今回の展覧会では、木田の豊かな色彩感覚に注目するものです。初期から晩年に至る、さまざまなモティーフの作品を紹介し、2019(令和元)年11月より当館で開催した企画展「木田金次郎 アトリエ解体新書」で明らかにした、大火後に木田が用いた油絵具の色と数量についても参照しながら、「カラリスト=色彩画家」としての木田の魅力に迫ります。
 また、このたび所蔵者の方から、戦前の初期作品から大火後に至る5点の作品寄贈を受け(うち1点は寄託作品の寄贈)、当館の収蔵作品は173点と、さらに充実をして参りました。これら新収蔵作品もご覧いただきながら、木田の創作について、想いを巡らせる機会になれば幸いです。


Copyright (c) 2006 kida kinjiro museum of art. All Rights Reserved.